スポンサードリンク
   


三井ダイレクトの保険と自賠責保険


自動車を運転される方というのは、法律によって強制的に、自賠責保険に加入することが定められています。

この自賠責保険というのは、万が一自動車の運転中に事故を起こしてしまった場合、被害者が死亡してしまったという場合や怪我によって後遺症が残ってしまった場合など、そういった時の賠償をするための費用を保険で支払えるようにしたもので、被害者救済のために強制的に加入することになっています。

しかし、場合によってはこの自賠責保険だけでは補償が十分ではないという場合もあります。

そういった場合は三井ダイレクトなどの保険会社の自動車保険に加入するのが良いでしょう。

三井ダイレクトなどの保険会社の自動車保険に加入しておけば、自賠責保険では足りないような高額な賠償の場合でもカバーできますし、また、自賠責保険では補償されない車両に関する補償であったり、事故を起こした本人の傷害などについての補償などといった保険も付けることができます

具体的には自賠責保険では事故による補償の限度額は死亡の場合最高で3,000万円までと限定されていますが、三井ダイレクトの自動車保険の場合であれば補償の限度額も任意に選択してもっと高い金額に設定することが可能です。
タグ:自賠責保険
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトの原付特約とは


三井ダイレクト損保自動車保険への加入を検討されている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、三井ダイレクトでは基本的な自動車保険に加えて様々な補償を追加できる特約というのがいくつかあります。

例えばそのうちの一つが原付特約というものです。

この原付特約は自動車保険と同様に原動機付自転車を運転した際に起きた事故に関しての賠償などを補償してくれるというもので、日常でよく原動機付自転車を運転するという方であれば、自動車保険に合わせてセットしておくと安心ですね。

では三井ダイレクト損保原付特約とは具体的にどういうものなのか見てみましょう。

この特約では記名被保険者およびその家族の方が総排気量125cc以下の原動機付自転車を所有、あるいは使用、管理している際に生じた賠償事故、または搭乗中に生じた自損事故傷害特約もしくは人身傷害保険に関する事故について、「賠償タイプ」、「賠償、自損傷害タイプ」、「賠償、人身傷害タイプ」といった特約のタイプに応じて補償されるというものです。

この原付特約を自動車保険に付ける際に注意しなくてはいけないのは、総排気量が50cc超125cc以下の側車付二輪自動車は対象外になるということです。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


基本の注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。