スポンサードリンク
   


三井ダイレクトの代車無料サービス


自動車保険というのは自動車を運転していて万が一の事故などがあった際に、必要となる費用を補償してくれるというもので、加入しておくと安心ですよね。

自動車保険ではそういった金銭的な補償とは別に、事故の際に助かるサービスというのもいろいろとあります。

例えば三井ダイレクトの場合であれば、自動車保険に加入していることで代車を無料で手配してもらうことができます。

ただし、どんな場合でもというわけではなく、三井ダイレクト指定修理工場で車を修理する場合となります。

三井ダイレクトでは全国に指定修理工場というものがあり、代車のサービスを始めとして様々なサービスを受けることができます。

代車無料サービス』では、指定修理工場での修理期間中には無料で代車を借りることができます。

ただし、車種の指定はできませんし、使用するためのガソリン代は自身で負担する必要があります。

他には『修理箇所永久保証』で修理した箇所については永久に保証がついたり、『引取り・納車無料サービス』では自宅までの引取りや納車を無料で行なってくれます。

また、三井ダイレクトではレンタカー費用補償特約をセットしていれば、代車でなくてもレンタカーを利用した際のレンタル料について支払ってもらうこともできます。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトと等級プロテクト特約について


自動車保険を利用する上で多くの方はその保険料を重要視するかと思います。

自動車保険の保険料というのはその人の等級によって大きく変わってきますよね。

いわゆるノンフリート等級というもので、契約年数によって1等級づつ上がっていき、上がるごとに保険料の割引率が高くなっていきます。

しかし一定の事故を起こした場合は等級がマイナス3されて割引率も低くなってしまいます。

保険会社の中には事故を起こしても等級が変わらない「等級プロテクト特約」というものを扱っているところがあります。

等級プロテクトをしていると通常マイナス3等級される事故でもそのままの等級で次の契約ができるというものです。

しかし、問題となるのは保険会社を変更する場合です。

例えば等級プロテクト特約を契約していた保険会社から三井ダイレクトへと乗り換えた場合。

三井ダイレクトでは等級プロテクト特約というのは扱っていないのですが、それだけではなく、前の契約で等級がプロテクトされていたとしても、マイナス3がカウントされる事故を起こしていた場合は、三井ダイレクトではそのマイナス3をカウントした等級での契約となるのです。

三井ダイレクトは保険料が安いということで有名ですが、カウントされる事故を起こしている場合は注意が必要です。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


基本の注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。