スポンサードリンク
   


おとなの自動車保険と年齢条件の秘密


自動車保険の更新が迫ってくるとサービスや保険料など、いろいろ比較して自分にとってお得な自動車保険はないか、と考えているドライバーさんも多いようです。

万が一の事故が起こった場合、自動車保険に入っていないと、賠償金や治療費、修理費用などといった補償が受けられず大変心配です。

特に自動車を頻繁に運転されるという方なら、自動車保険への加入はとても重要ですね。

自動車保険の保険会社というのはたくさんありますが、例えば「おとなの自動車保険」という自動車保険もテレビCMなどで最近良く聞く名前ではないでしょうか?

これから「おとなの自動車保険」の自転車保険に加入したいとお考えの方もいるかもしれませんね。

おとなの自動車保険」では、40代、50代のドライバーが割安となる保険料体系になっています。

今までの自動車保険は、35歳以上だと、40歳でも、50歳でも、60歳でも同じ保険料となりましたが、一般的に事故率は、20代、30代と徐々に下がり、40代から50代を底として、そこからまた上昇していきます。

おとなの自動車保険」では、この事故率に注目し年齢ごとの事故率を保険料計算に組み込むことで、40代、50代が割安となる保険料体系になっています。

この「おとなの自動車保険」は、セゾン自動車火災保険という会社の自動車保険で、損保ジャパングループの保険会社です。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | おとなの自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトとブルー免許


三井ダイレクト損保自動車保険への加入を検討されている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、三井ダイレクト損保の自動車保険が、走行距離や免許証の色に関係のない保険料体系になっていることも、その魅力のひとつかもしれないですね。

走行距離が比較的多い人免許証の色がブルー免許の人などには、特にうれしい料金体系です。

「走行距離に応じて」
「ゴールド免許なら」

という宣伝文句で、自動車保険更新時の加入条件見直しや保険会社の変更を各自動車保険会社が促進する中、貴重な存在かもしれないですね。

その他にも三井ダイレクトでは、『クルマ生活応援サービス』という契約者向けのサービスがあり、会員となっていることで国内外の宿泊施設やレジャー施設などを特別価格で利用することが可能となります。

三井ダイレクト損保で自動車保険を契約している方であれば、加入年数に関わらず会費が無料なので、お得なサービスです。

さらにこのクルマ生活応援サービスでは、車検の時もクオカード2,000円分がもらえるなどの特典がついてくるので、ベテラン運転手の方などは要検討かもしれませんね。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


基本の注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。