スポンサードリンク
   


三井ダイレクトとブルー免許


三井ダイレクト損保自動車保険への加入を検討されている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、三井ダイレクト損保の自動車保険が、走行距離や免許証の色に関係のない保険料体系になっていることも、その魅力のひとつかもしれないですね。

走行距離が比較的多い人免許証の色がブルー免許の人などには、特にうれしい料金体系です。

「走行距離に応じて」
「ゴールド免許なら」

という宣伝文句で、自動車保険更新時の加入条件見直しや保険会社の変更を各自動車保険会社が促進する中、貴重な存在かもしれないですね。

その他にも三井ダイレクトでは、『クルマ生活応援サービス』という契約者向けのサービスがあり、会員となっていることで国内外の宿泊施設やレジャー施設などを特別価格で利用することが可能となります。

三井ダイレクト損保で自動車保険を契約している方であれば、加入年数に関わらず会費が無料なので、お得なサービスです。

さらにこのクルマ生活応援サービスでは、車検の時もクオカード2,000円分がもらえるなどの特典がついてくるので、ベテラン運転手の方などは要検討かもしれませんね。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトの保険料値上げについて


自動車を運転される方は万が一の事故に備えて自動車保険に加入されているという方も多いかと思います。

基本的には誰だって自動車保険の保険料というのは安い方が良いに決まっていますよね。

しかし、最近は自動車保険の保険料というのも値上げされることが多いですね。

最近では三井ダイレクトなどの大手の保険会社が2011年4月に一斉に10%程度の値上げを実施しました。

なぜ三井ダイレクトなど複数の保険会社の保険料が一斉に値上げすることになったのかというと、やはり高齢化社会というものが大きな問題になっているわけです。

高齢者のドライバーというものが年々増えていることで、それに伴い高齢者の自動車事故というものも合わせて増加しているわけです。

10年前に比べると75歳以上の方が運転する車の事故は1.5倍にもなっているそうです。

三井ダイレクトは、たくさんある保険会社の中では保険料が安いと言われている保険会社です。

値上げしたとは言っても他の保険会社も同様に値上げしているということもあって、相対的にはまだまだ安い保険会社だと言えるでしょう。

そうは言ってもせっかく長年契約を続けてノンフリート等級が上がっても、基本的な料金が上がってしまったのではありがたみがないですね。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトの代車無料サービス


自動車保険というのは自動車を運転していて万が一の事故などがあった際に、必要となる費用を補償してくれるというもので、加入しておくと安心ですよね。

自動車保険ではそういった金銭的な補償とは別に、事故の際に助かるサービスというのもいろいろとあります。

例えば三井ダイレクトの場合であれば、自動車保険に加入していることで代車を無料で手配してもらうことができます。

ただし、どんな場合でもというわけではなく、三井ダイレクト指定修理工場で車を修理する場合となります。

三井ダイレクトでは全国に指定修理工場というものがあり、代車のサービスを始めとして様々なサービスを受けることができます。

代車無料サービス』では、指定修理工場での修理期間中には無料で代車を借りることができます。

ただし、車種の指定はできませんし、使用するためのガソリン代は自身で負担する必要があります。

他には『修理箇所永久保証』で修理した箇所については永久に保証がついたり、『引取り・納車無料サービス』では自宅までの引取りや納車を無料で行なってくれます。

また、三井ダイレクトではレンタカー費用補償特約をセットしていれば、代車でなくてもレンタカーを利用した際のレンタル料について支払ってもらうこともできます。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトと等級プロテクト特約について


自動車保険を利用する上で多くの方はその保険料を重要視するかと思います。

自動車保険の保険料というのはその人の等級によって大きく変わってきますよね。

いわゆるノンフリート等級というもので、契約年数によって1等級づつ上がっていき、上がるごとに保険料の割引率が高くなっていきます。

しかし一定の事故を起こした場合は等級がマイナス3されて割引率も低くなってしまいます。

保険会社の中には事故を起こしても等級が変わらない「等級プロテクト特約」というものを扱っているところがあります。

等級プロテクトをしていると通常マイナス3等級される事故でもそのままの等級で次の契約ができるというものです。

しかし、問題となるのは保険会社を変更する場合です。

例えば等級プロテクト特約を契約していた保険会社から三井ダイレクトへと乗り換えた場合。

三井ダイレクトでは等級プロテクト特約というのは扱っていないのですが、それだけではなく、前の契約で等級がプロテクトされていたとしても、マイナス3がカウントされる事故を起こしていた場合は、三井ダイレクトではそのマイナス3をカウントした等級での契約となるのです。

三井ダイレクトは保険料が安いということで有名ですが、カウントされる事故を起こしている場合は注意が必要です。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトの保険と自賠責保険


自動車を運転される方というのは、法律によって強制的に、自賠責保険に加入することが定められています。

この自賠責保険というのは、万が一自動車の運転中に事故を起こしてしまった場合、被害者が死亡してしまったという場合や怪我によって後遺症が残ってしまった場合など、そういった時の賠償をするための費用を保険で支払えるようにしたもので、被害者救済のために強制的に加入することになっています。

しかし、場合によってはこの自賠責保険だけでは補償が十分ではないという場合もあります。

そういった場合は三井ダイレクトなどの保険会社の自動車保険に加入するのが良いでしょう。

三井ダイレクトなどの保険会社の自動車保険に加入しておけば、自賠責保険では足りないような高額な賠償の場合でもカバーできますし、また、自賠責保険では補償されない車両に関する補償であったり、事故を起こした本人の傷害などについての補償などといった保険も付けることができます

具体的には自賠責保険では事故による補償の限度額は死亡の場合最高で3,000万円までと限定されていますが、三井ダイレクトの自動車保険の場合であれば補償の限度額も任意に選択してもっと高い金額に設定することが可能です。
タグ:自賠責保険
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトの原付特約とは


三井ダイレクト損保自動車保険への加入を検討されている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、三井ダイレクトでは基本的な自動車保険に加えて様々な補償を追加できる特約というのがいくつかあります。

例えばそのうちの一つが原付特約というものです。

この原付特約は自動車保険と同様に原動機付自転車を運転した際に起きた事故に関しての賠償などを補償してくれるというもので、日常でよく原動機付自転車を運転するという方であれば、自動車保険に合わせてセットしておくと安心ですね。

では三井ダイレクト損保原付特約とは具体的にどういうものなのか見てみましょう。

この特約では記名被保険者およびその家族の方が総排気量125cc以下の原動機付自転車を所有、あるいは使用、管理している際に生じた賠償事故、または搭乗中に生じた自損事故傷害特約もしくは人身傷害保険に関する事故について、「賠償タイプ」、「賠償、自損傷害タイプ」、「賠償、人身傷害タイプ」といった特約のタイプに応じて補償されるというものです。

この原付特約を自動車保険に付ける際に注意しなくてはいけないのは、総排気量が50cc超125cc以下の側車付二輪自動車は対象外になるということです。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトのファミリー傷害特約について


三井ダイレクト損保自動車保険では、基本的な補償内容とは別に、オプションとして様々な特約を追加することができます。

三井ダイレクト損保で販売されている特約の中にはファミリー傷害特約というものがあります。

このファミリー傷害特約とは、どういうものかというと、自動車保険の契約者の家族の方が怪我で入院、あるいは通院をした場合に保険料が支払われるというものです。

この場合の家族というのは『家族型』の場合、記名被保険者およびその配偶者、またはそれらと同居の親族および別居の未婚の子が対象となっています。

夫婦型』の場合は、記名被保険者とその配偶者のみに限られます。

ファミリー傷害特約には、ファミリー傷害ワイドタイプファミリー傷害アウトドアタイプという2種類が用意されています。

ファミリー傷害ワイドタイプの場合は、自宅内外を問わず、傷害事故があった際には保険料が支払われます。

ファミリー傷害アウトドアタイプの場合は、自宅外での事故のみが補償されるということになります。

三井ダイレクト損保のファミリー傷害特約で支払われる保険金は、怪我で入院をした場合は入院1日につき5,000円、怪我で通院の場合であれば通院1日につき1,000円が支払われることになります。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクトのバイク車両保険について


三井ダイレクト損保自動車保険に加入しているという方はたくさんいらっしゃるかもしれませんが、三井ダイレクト損保では自動車保険以外にもバイク保険という商品もあります。

バイクも自動車と同様に交通事故を起こした際には多額の賠償金や怪我の治療費などが必要になる可能性がありますから、そういった万が一の事故に備えて保険に入っておくと安心ですよね。

しかし注意しなくてはいけないのが三井ダイレクト損保のバイク保険では、車両保険というものはないということです。

三井ダイレクト損保バイク保険では事故によって他人に怪我をさせてしまった場合、あるいは物を壊してしまった場合の賠償保険、事故によって自分または家族などが怪我をしてしまった場合の傷害保険が基本的に補償されているのですが、車両保険として事故によって車両の修理が必要な場合や買い替えが必要な場合などでも、その費用は一切補償されません

特約などで付けるなどということもできないので、車両に関する費用は全て自分でなんとかしなくてはいけないということです。

つまりはバイクの保険で車両保険を付けたいということでしたら、三井ダイレクト損保以外の保険会社で車両保険をかけられるところを探すしかないということですね。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井ダイレクト損保のクラブオフサービス


三井ダイレクト損保という保険会社がありますが、こちらは利用されている方からの評判が非常に良い保険会社です。

三井ダイレクト損保自動車保険では契約者向けのサービスとして『クルマ生活応援サービス』というクラブオフに加入することができます。

クラブオフというのはどういったものかというと、会員となっていることで国内外の宿泊施設やレジャー施設などといった全国75,000店舗以上の優待対象施設を特別価格で利用することが可能となります。

他にも映画のチケットやスポーツ施設、娯楽施設、さらにはショッピングやレストランでの食事など、様々なサービスを優待価格で利用することが可能です。

しかも三井ダイレクト損保で自動車保険を契約している方であれば、加入年数に関わらず会費が無料なので、保険の契約をしてすぐにでもサービスを優待価格で利用できるわけですね。

さらに、自動車保険契約年数が2年以上になった場合はクラブオフのVIP会員となり、優待サービスをVIP会員価格で利用できるようになって、様々なシーンでさらにお得になるということです。

さらにこのクルマ生活応援サービスでは自動車には欠かせない車検においても、クオカード2,000円分がもらえるなどの特典がついてきます。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | 三井ダイレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


基本の注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。