スポンサードリンク
   


ポイントサイトから自動車保険の申込み


ポイントサイトを経由してショッピングや各種サービスの申込みなどを行うと、ポイントが付いたり通常よりもお得になったりというサービスが最近では増えてきて、利用したことがある人もいるかもしれませんね。

SBI損保の自動車保険の申し込みについてもポイントサイトを経由して申し込むことでお得になるケースがあります。

例えば楽天の自動車保険のサイトを経由してSBI損保の自動車保険の見積もりや契約をすることで、ポイントやギフトカードをもらえるキャンペーンというものがあります。

この場合は楽天の保険サイトから見積もりとエントリーをすることで楽天市場など楽天グループで使える楽天ポイントが111ポイント、さらにそこから契約までいけばマクドナルドで使えるマックカードが1,000円分もれなくプレゼントされるというものです。

他にはSBI損保がソフトバンクモバイルと提携したキャンペーンで、ソフトバンクモバイルのポイントサイトを経由してSBI損保の自動車保険を見積ることで、ソフトバンクの携帯の支払いなどに使うことができるソフトバンクポイントが500ポイント、さらに契約までいけば1,000ポイントで合計1,500ポイントを受け取ることができます。

これら以外にも他のポイントサイトでお得なキャンペーンがあるかもしれませんので探してみましょう。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI損保の自動車保険と代車


自動車を運転していて万が一の事故が起こった際には、その賠償であったり修理であったりなどを考えて保険に入っておくのが良いですよね。

自動車保険に加入していると様々な費用を補償してくれるという点はもちろんですが、事故などで故障してしまった車の代車が必要という際にも助かる場合があります。

例えばSBI損保の場合であれば、まずオプションとして故障損害等に関する代車費用補償特約というものがあります。

これは自動車保険を契約している車が故障によって走れなくなってしまい、工場で修理をしている間に代車を借りたという場合にその借り入れ代金として保険が支払われるという特約です。

SBI損保のこの特約では契約時に定めた1日あたりの金額を借り入れ期間分支払ってもらうことができます。

ただしその期間は30日までが限度となっています。

また、故障ではなく車両保険に加入している車が事故によって修理が必要となった場合。

この場合はSBI損保安心工場というSBI損保の指定修理工場に入庫すれば、修理の間は無料で代車を借りることが可能となります。

代車の車種は指定できませんが、無料で借りられるのでありがたいですね。

指定修理工場は、全国にあるので利用できる場所にあるなら是非利用しましょう。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI損保の支払い方法と期限


自動車保険を利用する際の保険会社というのはたくさんありますが、保険会社によって支払い方法というのも様々ですね。

SBI損保の場合も便利な支払い方法が複数選択できます。

また、SBI損保では支払い方法によって申込可能期限が異なっています。

SBI損保で選ぶことのできる方法は5種類あり、まずはクレジットカードでの支払いがあります。

クレジットカードの場合は、保険始期日の前日まで申し込むことが可能で、払込期限も前日までとなります。

ネットバンク決済の場合だと、保険始期日の2日前まで申し込み可能で、払込期限も2日前までとなります。

銀行振込の場合は、保険始期日の14日前まで可能で、払込期限については保険始期日の前日までとなります。

また、SBI損保ではコンビニでの支払いもできるのですが、コンビニ払とスマートコンビニ払という2種類があります。

コンビニ払は、払込票と保険料払込方法等通知書兼契約内容確認書が送付されるので、それを使って支払う方法です。この場合は保険始期日の14日前まで申込可能で、払込期限は前日までです。

スマートコンビニ払は、インターネットで表示される受付番号を利用して支払う方法で、保険始期日の前日まで申込可能で、払込期限も前日までとなります。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI損保の保険料割引


自動車をお持ちの方であれば強制で加入しなければいけない自賠責保険というものがありますよね。

しかしその自賠責保険だけでは不十分だと感じている人も多く、そういった方は一般の自動車保険にも加入しているかと思います。

万が一の事故のために自動車保険に加入しているかと思いますが、基本的にはやはり保険料はできるだけ安く抑えたいですよね。

SBI損保の自動車保険に加入を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、SBI損保の自動車保険ではいくつか保険料がお得になる割引というものがあります。

例えばインターネットからの申し込みをした場合の割引ですね。

インターネットを通じて契約の手続きをした場合なら通常よりも5,500円保険料が安くなります。

また、インターネットを通じて契約をした場合で、保険証券の発行を無しとした場合はさらに500円が割引になります。

ただし、インターネットからの申し込みでも、SBI損保サポートデスクを利用して申し込みをした場合は対象外となってしまいます。

他には契約する車が自家用普通乗用車または自家用小型乗用車で、保険始期日が新車登録後25ヶ月以内の場合であれば、約9%の保険料割引が適用されることになります。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI損保のファミリーバイク特約


自動車を所有している方は、万が一の事故に備えて自動車保険に加入している方も多いと思います。

自動車での保険と同じくバイクに関しても同様に事故に備えて保険に加入したいという方もいるでしょう。

しかしSBI損保の場合、残念ながらバイク単体に対する保険商品というものはありません。

ただSBI損保では原動機付自転車に関してであれば『ファミリーバイク特約』という特約があり、自動車保険に特約として付けることが可能となっています。

このSBI損保ファミリーバイク特約というのはどういうものかというと、自動車保険の記名被保険者とそのご家族(配偶者、同居の親族、別居の未婚の子)が、原動機付自転車の運転中に、事故によって他人が亡くなったあるいは怪我をさせた場合、また他人の物を破損させてしまった場合、またはご自身が怪我をしてしまった場合に保険金が支払われるという特約です。

この特約には『人身傷害あり』と『人身傷害なし』の2種類があります。

人身傷害ありの場合であればご自身の怪我について対人事故の場合でも補償されますが、人身傷害なしの場合は単独事故の場合のみの補償となっています。

また、どちらの場合も自身のバイクの修理費用については一切補償されませんので注意しましょう。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI損保で2台目の契約


自動車を所有している方の多くは、万が一の事故のために自動車保険に加入していると思います。

必ず入らなければいけない自賠責保険以外に任意保険に加入している方も多いですよね。

SBI損保自動車保険を利用しているという方もいらっしゃるでしょう。

自動車は一家に一台という方が多いかと思いますが、中には2台目の購入を検討しているというご家庭もあるかと思います。

SBI損保では2台目以降の自動車保険の契約について、一定の条件を満たす場合は、通常の新規で契約するよりもお得な保険料で契約することができます。

まず条件の一つとして、1台目の車の契約に条件があります。
●1台目の契約のノンフリート等級が11等級以上であること
●用途・車種が自家用8車種であること

そして新たに契約する2台目については、
●契約の開始日が1台目の保険期間内であること
●記名被保険者が1台目の車の記名被保険者かその配偶者、またはその同居の親族であること
●車両所有者が1台目の車の記名被保険者かその配偶者、またはその同居の親族であること(この場合の親族は6親等内の血族および3親等内の姻族となります)

SBI損保で2台目の契約をお考えなら上記の条件に当てはまるか確認しておきましょう。
posted by 自動車保険★おすすめ比較ランキング at | SBI損保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


基本の注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。